赤ちゃんのアトピーが起こる原因とケアの方法についてまとめました。

赤ちゃんの顔に湿疹ができるのはどうして?

gb

生まれて4か月程度までの赤ちゃんでは、母親のホルモンの影響で皮脂分泌が活発です。そのため、その皮脂が毛穴につまり乳児脂漏性湿疹を起こします。

皮脂分泌が特に活発なのは、顔と頭皮。赤ちゃんのお肌は、大人の半分程度の薄さです。そのため、とても傷つきやすく、小さな傷でも湿疹ができやすいのです。

ケアの方法としては、しっかりきめ細かく泡立てた石鹸で顔や頭皮、また皮膚がこすれやすい股の部分やわきの下をしっかりと洗い流してあげること。そして、石鹸で洗った後は乾燥しやすいので、ベビーオイルなどで多少の保湿をしてあげましょう。

赤ちゃんのアトピー、どうして起こるの?

赤ちゃんのお肌に湿疹のようなものができると、すぐにアトピーではないかと心配になりますよね。けれど、赤ちゃんのお肌には湿疹ができやすいので、アトピーかどうかは1~2歳頃まで様子を見ないとわかりません。

生後1歳頃までのアトピー性皮膚炎では、頭や顔、耳などにジクジクした湿疹ができます。特に耳では、ただれて耳の付け根が切れてしまう耳切れが起こります。そのほかにも、肘や足首などに湿疹が起こることがあります。

原因は、離乳食で食べたものに対するアレルギーや、ハウスダストやダニに対するアレルギー、皮膚に常在している細菌の影響、ストレスや汗による刺激などが挙げられます。

また、石鹸を使用することで、皮膚のバリア機能が弱くなった場合でも、アトピー性皮膚炎をおこすことがあります。

新生児にもニキビができることがあるの?

「新生児ニキビ」って聞いたことありますか?赤ちゃんのお肌は未発達でとてもデリケート。母親のホルモンの影響で皮脂分泌が活発なので、それが毛穴につまりニキビができることがあります。

また、寝具の汚れやダニ、ハウスダストなどによっても新生児ニキビを起こすことがあります。けれど、母親のホルモンが影響しているニキビであれば、体が大きくなって発達してくると、自然と消えるのであまり心配ありません。

ケアとしては、とにかく清潔を保つこと。泡立てた石鹸で優しく皮膚を洗い、毛穴に詰まっている汚れを取り去ってあげましょう。そして、清潔な衣類を身につけさせてあげることです。

hu

乳児のアトピー性皮膚炎、どのようにケアをしたらよいの?

乳児のアトピー性皮膚炎、痒そうで見ている母親としては、代われるものなら代わってあげたいと思うほどですよね。どのようにケアしてあげればよいのでしょうか。

まず、湿疹がみられてアトピーかな?と思ったら、皮膚科を受診しましょう。アトピー性皮膚炎には食物アレルギーの可能性があります。アレルギー検査を受け、アレルゲンとなる食べ物を特定したうえで食事指導を受け、避けたほうがよい食べ物について相談しましょう。

また、お肌がデリケートになっていますので、洗う時は香料を使っていない石鹸を使ってあげて。また湿疹部分が乾燥しているときは尚更にデリケートになっていますので、洗浄力の弱い石鹸を使うようにすると良いでしょう。